MATCHES

カップ戦 VSHonda HEAT

CUP戦 第5節

2019.07.20

19:00 K.O.

三重交通G スポーツの杜 鈴鹿

日野レッドドルフィンズ
19
0 - 21
19 - 3
24
Honda HEAT
TGPGDGTGPGDG
0000前半3300
3200後半0010

『1トライ5点の重みを体感』

 トップリーグカップ戦第5節。今年のトップリーグの試合としては最後となる。相手はHonda HEAT。日野レッドドルフィンズにとって、過去2度対戦して2敗しているチーム。場所はHondaのホーム、三重県鈴鹿市だ。
 キックオフはHonda。が、高く蹴り上げられボールをいきなりノックオンする日野。開始早々自陣での相手ボールのスクラムとなる。そのファーストスクラムは崩れる。が、その瞬間ボールはそのままHonda側に出た。するとあっという間に相手WTB11番がディフェンスライン裏に抜け出てトライ。開始1分少々で先制トライを奪われることに。ゴールも決まり0対7。
 それでも、気をとりなおして敵陣に攻め入る日野。日頃練習を重ねてきた通り、ラックの周辺を攻める、攻める――。が、Hondaのディフェンスも良くなかなか前に出られずチャンスとならない。一方のHondaのアタックにも日野はきっちりと対応。その為、互いに何度もキックを使って敵陣に入ろうとするが、共に大きな得点チャンスが訪れず無得点のまま時間だけが過ぎていく。
 流れが変わったのは、日野22番の田邊が危険なタックルからシンビンとなってから。チャンスとみたHondaは日野陣で攻めに攻め、ついに36分にはWTB14番が日野のインゴールに飛び込み、ゴールも決まって0対14。しかも、前半終了のブザーが鳴った後の41分。HondaSOが蹴り込んだボールをWTBがさらに蹴り、転がるそのボールをFB番が拾ってインゴールに持ち込むというトライまで生まれてしまう。
 前半終了時点で0対21。どうしたレッドドルフィンズ……。
 が、後半のチームは違っていた。徐々に前に出られるようになってきたのだ。後半開始早々、日野の反則からPGを献上し0対24となるも、その後はボールキープしながら相手陣でプレーを続け相手の反則を誘う。
 そして12分にはPKから得たラインアウトで、今度は相手NO8が危険なプレーでシンビン。直後のラインアウトモールからゴール前に迫ると、最後はHO2番木津がインゴールに飛び込みトライ(ゴールは決まらず5対24)。その後16分にはスクラムからSH9番橋本からNO8ニリにボールが渡り、ニリが大きくゲイン。最後はFL6番アッシュがトライ。ゴールも決まり、12対24。
 さらに34分には相手ゴール前スクラムから連続攻撃を仕掛け、最後は途中から入っていたHO16番郷がポスト下に飛び込んで日野の3トライ目。得点は19対24となり、1トライで同点、ゴールが決まれば逆転という5点差に。残り5分。
 だが、この日はその5点の重みが違った。その後もボールをキープしながら敵陣で攻める日野ながら、すでにシンビンも明け15人となっていたHondaのディフェンスは崩れなかった。一度は38分に日野CTB13番松井がインゴールに飛び込もTMOとなりノートライ、その後も後半40分のブザーが鳴った後も連続しておよそ5分間攻め続けたが、Hondaは反則をすることなく守り続け、最後は日野のパスミスからノックオンとなり、19対24のままノーサイド。
 ノックオンにはじまり、ノックオンに終わった、5点差の残念な結果となってしまった。この5点の重みを体感したレッドドルフィンズメンバーの新たなチャレンジに期待したい。

この記事をシェアする

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー