MATCHES

トップリーグ戦 VS NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

トップリーグ 第1節

2020.01.12

11:30 K.O.

秩父宮ラグビー場

日野レッドドルフィンズ
20
17 - 8
3 - 21
29
NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス
TGPGDGTGPGDG
2210前半1010
0010後半3300

『熱気の開幕戦。健闘するも、悪夢のインターセプト~日野レッドドルフィンズ』

 これもラグビーワールドカップ(W杯)効果だろう、秩父宮ラグビー場にはほぼ満員の1万7千人余が詰めかけた。熱気の中、トップリーグ2季目の日野レッドドルフィンズは“ワンチーム”となって昨季5位のNTTコミュニケーションズとの開幕戦に挑み、惜しくも敗れた。スコアは20-29だった。

 ラスト3分だった。2点差を追う日野は逆転を狙い、攻めに攻めた。スクラムで立て続けにコラプシング(故意に崩す行為)の反則を奪い、陣地を挽回する。流れは日野。中盤のラインアウトからラックをつくり、新加入の大型SO、デブラシーニが左オープンに絶妙なキックパス。これをWTBペニーがナイスキャッチ。ラックができて、共同キャプテンのSHプルが右に持ち出し、ナンバー8の堀江恭佑へつなごうと右へ大きくパスした。

 つながればチャンスだった。だが、このパスを、NTTコムのフランカー金正奎主将にインターセプトされてしまった。暗転。そのままトライまで走られ、点差は9点に開いた。ああ、これほど健闘しても、勝ち点1ももらえないとは。

 日野のシステムは前半、うまくいっていた。ディフェンスはアグレッシブに相手を倒し、コンタクトエリアでは当たり負けていなかった。攻めても、SOデブラシーニがキック、パスでエリアをよくマネジメントした。

 NTTコムには、ラグビーW杯の日本代表のナンバー8、アマナキ・レレイ・マフィ、南アフリカ代表のマルコム・マークス、元日本代表の山田章仁がいた。スクラムはやられたが、他ではチームとして互角以上に戦った。

 相手に先制トライを許した後の前半15分、ラインアウトからモールを組んで、右へ展開。ラックからクイックで右に出して、身長193㌢のSOデブラシーニが相手のタックルを受けながら、右手でFBカカにつなぎ、カカが右中間に飛び込んだ。

 さらに前半終了間際、これまた新加入のロックのクリシュナンが柔軟なからだを生かし、自陣で相手ボールをターンオーバー。ここから一気のカウンター攻撃に移り、最後はSOデブラシーニから途中交代のCTB田邊につないで、田邊が右中間に飛び込んだ。前半を17-8とリードした。

 後半は一転。日野はNTTコムの反撃をモロに食らった。相手に2連続トライを奪われ、最後にはインターセプトからのトライも加えられた。一方、日野は後半ノートライに終わった。

 日野の課題は80分間の集中力、後半のエリアマネジメントか。敵陣になかなか入れず、相手のプレッシャーを受け続けた。
 加えてスクラムの修正力。相手フッカーにマークスがいたとはいえ、前半、同じようなコラプシングの反則を3本とられた。ここはレフリーとコミュニケーションをとり、何とか対応すべきだった。
             (By 松瀬学)


【監督、プル共同主将コメント】

 細谷直監督
 ワールドカップで日本代表が素晴らしい活躍をして、大学選手権でも早明戦の盛り上がりがあった。その(熱気の)バトンがトップリーグにきて、オープニングゲームをすることができ、感謝しています。ラグビーファンのハートに突き刺さるような試合をしていこうと話していました。非常に悔しさはありますが、これもトップリーグの厳しい荒波の洗礼だと思っています。

 オーガスティン・プル共同主将
 (最後、相手にインターセプトを許し)すごく悔しかったし、一緒にハードワークしてきたチームメイトに非常に申し訳ないと思った。でも、そういうプレーが僕を成長させてくれる。今やっているプランには自信を持つことができた。下を向いている時間はない。前を向き続け、(次の試合に)準備していきたい。

この記事をシェアする

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー