NEWS

お知らせ

選手・スタッフの個人活動の自粛一部緩和について

今年3月に当部の元所属選手が重大な法令違反により逮捕されたことは、ラグビー界の信頼を著しく失墜させる行為であり、ファンの皆様、関係各方面の皆様に多大なるご迷惑やご心配をお掛けしましたこと改めて心よりお詫び申し上げます。

薬物の使用は人として許されない行為であり、また個人のリスク管理能力の欠如によって誰にでも起こりうると受け止め、先のご報告以後、再発防止に向け取り組んでおります。全選手・スタッフを対象としたコンプライアンス再徹底のための個人面談の実施に加え、原因究明のための議論も継続して行っております。今まで以上に効果のある継続したコンプライアンス教育を徹底するべく、再発防止に向けた施策検討を引き続き行ってまいります。

また先般、チーム独自に外部機関による薬物検査(毛髪検査)を実施し、全員の検査結果が陰性であることを確認いたしました。
この薬物検査の結果と個人面談の結果を踏まえ、全ての選手・スタッフが事件に関与していない事が明らかになりましたので、チーム活動自粛は継続いたしますが、選手・スタッフの個人活動については一部自粛を緩和し、スポーツマンとして一人ひとりが少しでも社会・ファンの皆様に貢献できる活動を行ってまいります。

一日でも早く皆様の信頼を回復出来るよう、チーム一丸となり精進いたしますのでご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。

この記事をシェアする

BACK